各ブラウザのフィッシング詐欺対策


クレジットカード フィッシング詐欺

 フィッシング詐欺情報 > フィッシング詐欺対策ニュース > 各ブラウザに搭載される個人情報保護機能

Phishing Menu

フィッシング詐欺とは?
フィッシング詐欺の手口
フィッシング詐欺の手口(具体例)
フィッシング詐欺の対策
フィッシング詐欺の被害額
フィッシング詐欺対策ニュース
フィッシング詐欺事件ニュース

Phishing Sub MENU

フィッシング110番
フィッシング関連リンク集



【管理人情報】
AKIRA HISAKAWA
埼玉県在住
27才 ♂
フィッシング詐欺の被害を減らす一助になれば幸いです。一人一人がフィッシング詐欺に対する知識と対策意識を持つようにしましょう。

  ■ 各ブラウザに搭載される個人情報保護機能

Microsoft-『Longhorn』

次期 OS である『Longhorn』に個人情報保存の新機能が搭載されるらしい。

機能の中身としては、【info-card】と呼ばれ、氏名や住所、クレジットカード番号などの個人情報を集め、管理する。これらの情報は、オンラインでショッピングや商取引を行なう際に利用できる。

この【info-card】は、目的別且つ、暗号化されたカードを作成できる。
目的別というのは、オンラインショッピング用であったり、オークション用であったり。また、暗号化により情報を盗まれても復元できず、デジタル証明書などと組み合わせて、フィッシング詐欺も回避できるとのこと。

************************

Web ブラウザ『Opera 8』

この【Opera 8】は、フィッシング詐欺サイトを見分けやすくするためのセキュリティが強化されている。

内容としては、サイトの真贋を確認する手段を増やした事で、フィッシング詐欺などの被害に遭う可能性を低くしている。

************************

公開予定の「Netscape 8」

オンライン詐欺から身を守ることに重きをおいた【Netscape 8】が間もなくリリースされる。
機能としては、サイトが安全なサイトかそうでないのかを知らせるチェックマークが表示されたり、フィッシング詐欺の前に利用されるキーロガーの様なスパイウェアを防ぐ機能、またフィッシング詐欺・スパイウェアなどと関連がありそうなサイトのブラックリスト化をするなどの対策がとられる。



Copyright©2005-2017Akira Hisakawa All Rights Reserved.
space.gif space.gif