2005.03.17の対策ニュース


クレジットカード フィッシング詐欺

 フィッシング詐欺情報 > フィッシング詐欺対策ニュース > IIJ 送信ドメイン認証技術の導入(03.17)

Phishing Menu

フィッシング詐欺とは?
フィッシング詐欺の手口
フィッシング詐欺の手口(具体例)
フィッシング詐欺の対策
フィッシング詐欺の被害額
フィッシング詐欺対策ニュース
フィッシング詐欺事件ニュース

Phishing Sub MENU

フィッシング110番
フィッシング関連リンク集



【管理人情報】
AKIRA HISAKAWA
埼玉県在住
27才 ♂
フィッシング詐欺の被害を減らす一助になれば幸いです。一人一人がフィッシング詐欺に対する知識と対策意識を持つようにしましょう。

  ■ IIJ 送信ドメイン認証技術の導入(03.17)

株式会社インターネットイニシアティブ (IIJ)は2005年3月17日、迷惑メール対策の一環として送信ドメイン認証を導入する、と発表した。

迷惑メールが大量に配信される原因のひとつは、メール差出人情報が簡単に詐称できることであり、送信ドメイン認証は、メールを受信する際に送信元サーバーが適切であるかどうかを認証する技術

送信側はドメイン認証情報(メールを送出する公式サーバー情報や送信メールに添付する電子署名の公開鍵など)を DNS で公開、受信側サーバーは受信時に送信側ドメインの DNS へ認証情報を照会、受信メールの情報と一致するかを検証することで、メールの正当性を確認する。

同社では被害が拡大する フィッシング詐欺 や、ドメイン名を詐称した迷惑メール対策に効果がある、と見ている。

まず3月末までに自社に導入し、その後 IIJ の企業向けメールアウトソースサービスや個人向けメールサービスに順次導入していく。



Copyright©2005-2017Akira Hisakawa All Rights Reserved.
space.gif space.gif