クレジットカードとフィッシング詐欺


クレジットカード フィッシング詐欺

 フィッシング詐欺情報 > フィッシング詐欺の手口 > なりすまし・偽装(スプーフィング)

Phishing Menu

フィッシング詐欺とは?
フィッシング詐欺の手口
フィッシング詐欺の手口(具体例)
フィッシング詐欺の対策
フィッシング詐欺の被害額
フィッシング詐欺対策ニュース
フィッシング詐欺事件ニュース

Phishing Sub MENU

フィッシング110番
フィッシング関連リンク集



【管理人情報】
AKIRA HISAKAWA
埼玉県在住
27才 ♂
フィッシング詐欺の被害を減らす一助になれば幸いです。一人一人がフィッシング詐欺に対する知識と対策意識を持つようにしましょう。

Aメールを読ませるために・・・

■ なりすまし・偽装(スプーフィング)

メールを受け取った人に銀行やクレジットカード会社からの本物のメールだと思わせる事がフィッシング詐欺の成功の前提になってきます。

その為には、特別な知識をもたない一般の人がメールを受け取った時に【怪しい】と思わせない事が必要となります。

具体的には、

@メールの差出人の偽装
Aアドレスバーやステータスバーと呼ばれる部分の偽装

この部分は、一般の人が『パッ』と見て、本物か偽者かを判断する最も基本的な部分であり、大半の人はこの部分だけで本物・偽者の判断を行っていると言われています。
それゆえにこの部分は、必ず偽装される部分であると言ってもいいでしょう。
尚、これらの偽装には、セキュリティホールと呼ばれるソフトの問題点やJavaScriptと呼ばれるものが悪用される事が多いです。

<< スパムメールへ >> 偽装事例 << ソーシャルエンジニアリングへ >>

Copyright©2005-2017Akira Hisakawa All Rights Reserved.
space.gif space.gif